<   2004年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ハニワ馬の草競馬
好きなんですよね~
ポストペットで競馬をしてしまいました
大井では感情移入してしまうので
予想はしても馬券は買わないので
思う存分賭けられるのが楽しいんです
2日は大井記念!3日は東京ダービー!!
皆さんは、私の分まで沢山楽しんで下さいね
a0019747_202347.jpg

温故知新 5月のもう一本は
「2001年 宇宙の旅」(1968)です
SFブームの発端ともいえる
スタンリー・キューブリック監督の代表作
黒石板モノリスの謎を解明すべく
科学者を乗せた宇宙船は旅立つ
しかし、コンピューターは故障予告警告を発し
次々と事故が起こっていく、、、原因は?
全編を通してクラッシク曲が効果的に使われていて
大いなる宇宙の広がり、奥深さを感じさせてくれました
とても36年前の作品とは思えない特殊撮影効果は
                    アカデミー賞を受賞
隠れキャラ的に日本の柔道の映像が使われているので
                   ぜひ、探してみて下さい
温故知新 6月のテーマは「風と共に去りぬ」と「エデンの東」です
                     お楽しみに!!

2001年宇宙の旅オフィシャルページ
by Rie_Takai | 2004-05-31 20:24
電話だよ!電話だよ!!
自宅に連絡がくると
そう言って踊りながら教えてくれるんです
昔、大井で配ったものなんですが
かわいすぎます!
今も明日から始まる大井のfaxを届けてくれました
a0019747_194131.jpg

早いもので後2日で6月ですね
と言うことで今日と明日は
温故知新5月号で紹介した映画をあらためて!
「未知との遭遇・特別編」(1980)
言わずと知れたスピルバーグのSFスペクタクル最高傑作
実はこの作品
77年度版、この特別編、ファイナル・カット版と
3バージョンあるんですよね
謎の停電事故から始まり宇宙人との遭遇へ
この特別編だけラストシーンが違うんですが
はっきり言って好き嫌いは別れる所かも知れません
ぜひ、すべてのバージョンを観てもらいたい!
スピルバーグの思い入れが伝わってくる作品です
by Rie_Takai | 2004-05-30 19:42
3点set
映画館の冷房対策用のパシュミナ
シベリア人参茶入りのポット
フルーツなどのおやつ
この3つを映画を観に行くときに持っていくんですが
結局いつもスクリーンに夢中になってしまって
おやつは残しちゃうんです
やめればいいと思うんですけど
ぴあを見ながら用意するのが、楽しいんですよね
a0019747_235515.jpg

「あなたにも書ける恋愛小説」
恋人たちの予感のロブ・ライナー監督が
また魅せてくれました
最悪の第一印象を持った男女が
共に仕事をこなすうちに恋に落ちていく
男は恋愛小説家、女は小説の筆記係
ここまではありがちなラブストーリーなんですが
最後にきて一転二転!
二人の恋と小説の世界が
シンクロしながら進むところも面白い
実際の恋愛と比べると引っかかるところもありますが
恋愛ものはこの位分かりやすい方が好きなんですよね~
それから主役ではないんですが
ソフィーマルソーの入浴シーンにも注目
デートにおすすめの一本です

あなたにも書ける恋愛小説オフィシャルページ
by Rie_Takai | 2004-05-29 23:56
うなぎ修行!?
楽しかった~
今日は、お仕事で鰻のさばき方を教わったんですが
結局、お店の方の足を引っ張っただけでした。
取材後はお土産の鰻重までいただいて
いやはや恐縮、恐縮です
a0019747_23552.jpg

2004年アカデミー賞最優秀外国語賞受賞
         「みなさん、さようなら。」
15年前に両親が離婚して以来
ほとんど交流を持つことが無くなってしまった父と子
女癖が悪く、家族を泣かせてきた父だが病気の末期と知って
                       息子は動き出す
父の元愛人、友人を呼び集め
海の上の妹にも衛星通信を使って連絡をとる
そして、最後は思い出の地で、、、
ロンドンからカナダに駆けつけて
父の「幸せな最後」の演出家にてっする息子の姿は
                     200%素敵でした
きっと大切な人や物というのは
なくして時を経るごとにその大きさに気づくものだと思うので
もっともっと、今を大切にしようと思いました
by Rie_Takai | 2004-05-28 23:07
アナウンサー
荒川区の中学校で自分の仕事について話してきました。
他にも色々な職業の方がいらしていて
生徒さんは自分の興味のある仕事の人の所に行って
自由に質問をする会なんですが
熱心な生徒さんが多くてびっくり!
普段は忘れている初心というものを思い出させてくれました。
いつもはピンクや黄色と明るい色の花を部屋に飾るわたしですが
今日は、落ち着いた色調の花を見ながら
じっくりと自分にとっての仕事について考えてみたいと思います。
a0019747_235948.jpg

私には難しいかも、、、「永遠の語らい」
95歳の巨匠マノエル・ド・オリヴェイラの作品です
家族でバカンスを過ごすために父のいるボンベイに向かう母と娘
二人は船で地中海の旧跡をまわりながら
歴史と出会い、人と巡り会っていく
たぶんテーマは「時空の旅を通して感じる人生」
理性おも刺激する作品といったところだと思うのですが、、、
ラストには意外な展開が待ち受けています。

永遠の語らいオフィシャルページ
by Rie_Takai | 2004-05-28 00:00
あと7時間
明日というか今日というか
27日は中学校でアナウンサーという仕事について話してきます。
大人相手に話すのはいつもの事ですが
中学校を卒業して早・・年
ニュース映像でよく見る中学生の姿を頭に浮かべて
ちょっと腰が引けていたりして、、、
イメージトレーニングをしに映画館へ
「スクール・オブ・ロック」を観てきました。
舞台は小学校5年生の教室
ジャック・ブラック演じるs先生は
ひょんなことから友人になりすました偽物先生だった
初めは子供達をけむにまいて自習ばかりさせていたが
自分の勝手な都合から生徒達をロックバンドのメンバーにして
コンテストに出場することを思いつく、、、
s先生は最初どうしょうもない奴で一人でむかついていたんですが
生徒達を分け隔てなく褒める姿
子供達の人格を認めて信じる姿を見ていくうちに
s先生はだらしないというより大人になりきれないだけなのかもと
好意的に見方が変わってきたりして
子供達も個性派揃いで
どの子に感情移入するかは観る人しだいかもしれませんね
ちなみに、私が肩入れしたのはキーボード担当の男の子です
校長先生のクールさにもシビレちゃいました
スクール・オブ・ロックオフィシャルページ
a0019747_43717.jpg

女性に生まれてよかったな~
と思うのが水曜日なんです
毎月1日が映画の日というのは皆さんご存知でしょうが
毎週水曜日もレディースデイとして割引がある所が多いんですよね
千円札一枚で映画が観られるのは嬉しいですね
まあレオネットなら1本数百円ですから
割り引かれても映画館の方が高いでですけど、、、
by Rie_Takai | 2004-05-27 04:38
メカジキの竜田揚げ定食
3年半以上食べ続けているんです。
千葉テレビさんの日替わりなんですが
いつも収録が同じ曜日なので
これ以外を食べたことがないんですよね
一度は飽きたんですが復活して
今ではこれを楽しみに行くぐらい
大好きになってしまいました。
a0019747_11423.jpg

とても素敵なな夢を魅せてくれました。
「ビッグ・フィッシュ」 優しいおとぎ話です
自分の人生を夢物語として語り続ける父親
父への葛藤を抱えつつ真実のかけらを探す息子
息子の結婚式での口論以来3年もの冷戦を経て
改めて話し合う父と子、、、きっかけは父の病気
はたして父のおとぎ話の中に真実はあるのか,否か
ビッグ・フィッシュの象徴するものとは、、、

ビック・フィッシュオフィシャルページ
by Rie_Takai | 2004-05-26 01:15
86発見!
まだ86って走ってるんですね
1983年型カローラ、レビンとトレノをそう呼ぶんですが
まさか21世紀に生き残っているとは
昔、箱根とかの峠に行く人は
86,MR2、セブンで
04の人は
GT-R、Z、ポルシェ、フェラーリと
はっきり分かれていたんですよね、懐かしい、、、
86もS800のように
博物館に飾られる日がくるんでしょうか?
ぜひぜひ無理をせず
大切に乗って来世に伝えて下さい!(大げさかな?)
a0019747_194943.jpg

今日は歳を重ねても
無理をしまくっている人たちの映画、「死に花」です
高級老人ホームで知り合った仲間たちが
友人から遺言のように渡されたノートをもとに
銀行強盗を遂行すべく団結していく
ベテラン俳優達の厚みのある余裕の演技に
安心して身をまかせてラストまで
笑いあり、悲哀あり、恋心あり
そしてラストにはちょとした謎解きあり!
ヒントは御大、森繁さんです
人生は楽しむべきもの、苦しみは味付けとして少々
                   リング・クロスビー
見終わった後もこのフレーズ
が頭から離れませんでした
ちなみに、狙われた銀行を見てびっくり
私が以前住んでいたマンションが
CG処理されて立派に合成されていました。

死に花オフィシャルページ
by Rie_Takai | 2004-05-24 19:50
りんごの行列
りんご飴をなめながら日記を書いています。
なんだか懐かしい味で幸せな気持ち
大井の前に鎌倉で買ったんですが
たまには
少しなめただけで舌が赤くなるようなものも
いいですよね
健康おたく高井の今日の冒険でした。
a0019747_04453.jpg

ここのところ重い映画ばかりだったので
「レディー・キラーズ」を観てきました。
いや~困りましたね
一人で観ているのに
思わず吹き出すこと数回,肩が震えること複数回で
すっかりコーエン監督のおもうつぼでした。
教授ことトム・ハンクスが天才的話術を駆使して
カジノ強奪を成功??させるのですが、、、
仲間4人いずれもが個性的というだけでも
何か起きそうなのに、
彼らの行く手を阻むのは信心深い老婦人
さあ、最後に笑うのは?
とってもお利口な猫ちゃんにも注目です!
レディーキラーズオフィシャルページ
by Rie_Takai | 2004-05-24 00:46
元気の素
最近、このウコン茶にこっているんです。
普通はお酒を呑む人用なんでしょうが
白目が澄んで綺麗になるので
大井のスタジオにも持って行っているんですよ
ただ、あまりに個性的な味なので
まわりには引かれていますが、、、
a0019747_34339.jpg

ということで
今日は惹かれずにはいられない女
「carmen.」を観てきました。
オペラやバレエはもちろん映画でもあまりに有名なカルメンですが
この作品ではより、メリメの小説に近く
情熱的な悪女というより
自分の気持ちに正直すぎる女性として描かれていました。
それに、全編アンダルシア地方でロケーション撮影をした
パコ・フェメニア監督のわきを固めたのは
美術担当・ベンハミン・フェルナンデス
衣装デザイン・イヴォンヌ・ブレイク と
雄大なロケ地の中でスタッフパワー炸裂!
スクリーン自体にオーラが見えるようで
映画館で観られてよかったな~と思えた作品でした。
18歳未満の人は大人になってから観て下さいね。
Carmen.オフィシャルページ
by Rie_Takai | 2004-05-22 03:44